読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Home Ground

先週の金曜日に職場の別の課の飲み会に代理として参加してきました。職場の飲み会なんて行かなくて済むなら行きたくないと常々思っている今までの私だったら絶対に断わっていただろうけど、今年はやったことがないことをやろうと決めているし、代理を頼んできた方には日頃お世話になっているのもあり、がんばって二次会まで参加しました。思いの外楽しかったけど、三次会のスナックまでは無理だーと思って、二次会のバーに居残りして、初めましてのマスターとたわいもない話をたくさんして、常連さんだという同年代の人懐っこい男の人と1時過ぎまで飲んで、タクシー乗り場まで送ってもらったんだけど、その常連さんは結構酔っていて、いい年齢して酔っ払いのあしらい方がわからない私はとても怖かったです。バーでマスターと話してる時までは楽しかったのに。慣れないことをするんじゃなかったなーって悲しい気持ちでいっぱいで家に帰り着いた頃には久しぶりのお酒で足がふらふらで、なんだかTAOがとても恋しかったです。酔い覚ましのお白湯を飲みながら、ぼーっと元旦の特番で流れた舞響の映像を眺めていたら、画面の中にキラキラ眩しくて私の大好きな純さんが当たり前だけどいたので落ち着くことができました。私のホームがTAOになりつつある。熊本公演まで1カ月を切りました。ブログを見たら純さんは里にいるみたい。猫に興味ないのかと思ってた。あーなんてかわいらしいんだろう!夏子さんが撮る純さんはいつも無防備でかわいらしい。シンガポールに行かなかったことに少し驚いています。5月からの怒涛の数の公演が一体どういう組み分けで行われるのか検討もつかないのに、行かなかったことに何か意味があるのかななんて、初心者のくせにあれこれ勘繰ってみたりして。私のTAOの師匠が特定のメンバーのファンでいることをあまり快く思っていないことを日頃から感じていたから、ずっと純さんだけじゃなくてTAOという団体そのもののファンになりたいなとそれが正しいファンの姿だと思い込もうとしていたけれど、私は私の好きなようにTAOを見ればいいんだって最近迷いが消えました。私はキラキラした純さんが見たいから、TAOのチケットを買います。でも純さんのいない舞台上の演奏に圧倒されて病みつきになって以来ずっと忘れられない一曲があったりもします。でももう無理してメンバーさん全員覚えようなんて思わないし、私の行く公演全てにどうか純さんの姿がありますようにって毎日祈っています。

Stay Gold

仕事が一番忙しいのが毎年この時期で、その上職場の連携が全く取れていないせいでありえないハプニング続出で、精神的にも穏やかでいられない日々が続いています。この職場に来てから、ほんっとうに世の中っていろんな考えの人がいるなあ・・と痛感しています。何が正解かわからない。だからとりあえず自分がいいと思うことをやっていくしかないなと。来月の熊本公演を励みに何とか職場へ行ってる感じです・・。

 

私、純さんの髭については新鮮だし童顔なのに小汚い髭っていうアンバランスさがすごくいいわーってにこにこしながらブログを眺めていたんです。荻野さんが撮ってくださった横顔も眺めているだけで心の中のどす黒い気持ちがスーッと消えてゆくようで本当に宝物のように思っていて。でも、あくまで人様の前に出ない期間だけなんだろうなって、31日のヤフオクドームのオープニングライブの前に剃るんだろうなって勝手に思い込んでいたところ、ブログを見たらあれ?剃ってない!むしろ伸びてる・・!何で剃らないの!?って一人で勝手に衝撃を受けていました。疾風もあのビジュアルだったらどうしよう・・・。実際に見てみないとわからないけれど、一年間髭は・・髭なのは・・・ちょっとどうなんだろう・・・。あの、まだ髭は早くない?7年後くらいでいいんじゃない?って思います。今年三十路になられるけれど、まだまだ可愛いじゃないですか!純さんみたいなタイプ(お顔がすごく整っていて小柄で色白でっていう)ってTAOにいないと思う(思う、に止めているのはまだメンバーさん全員をきちんと把握してないから)から、まだ変えなくていいじゃないそのままでいいじゃない!公演中にニコニコ太鼓叩いてれば、ぎゃー可愛い!!!って心臓わしづかみにされるし、真剣なお顔で太鼓叩いてればぎゃー格好良い!!!って心臓えぐられそうになるのがいいんじゃないか!!!天使に髭はまだ早い・・。

 

タロット占い師さんに久しぶりに会いに行って、私の1年を数秘でみてもらったところ、変化の年だよって教えてもらいました。数秘は誕生月から1年を1年としてみるので4月生まれの私は今月から来年の3月までを1年としてみるのです。チャレンジしたいことにチャレンジするのに向いているのと、意図せずに環境や仕事など様々な面で変化が起こることもあるのだそう。特に9月は変化の年の中でも変化の月でもあるので何か起こるかもね~とのことでした。あと、肝付公演で私がTAOとさよならしたいって思い詰めた原因を話して、具体的な解決策を教えていただきました。この先生は話している相手の守護霊の声が聴こえる方なんですが(守護霊って一人につき何人もいて、どうしても伝えたい時だけ先生に話しかけてくるのだそうです)、この話をしている時に先生に話していない事柄について質問されて何でわかったんですか?って聞いたら、「もうそれはやっちゃだめって言ってるよ」って言われて、あ!守護霊からのアドバイスなんだ、だからお見通しなんだ、すごい!って思いました。スピリチュアルな話はあんまり得意ではないけれど、納得のいく答えだったので(私もそうすべきなのかな?って思っていたから、ただ具体的にどうしたらいいのかがわからなくて悩んでいたので)ありがたく守護霊の言うことを受け入れて行動したいなって思いました。本当に守護霊がいるのかいないのかは関係なくて、私の問題の解決の糸口が見つかったことが大事なので会いにいってよかったです。

 

先週、気の乗らない職場の送別会の後、普段のデスクが隣同士の方をファミレスに誘って日頃の愚痴とか人生についてしゃべり倒したんですが、2016年の後半はキラキラしてたよねって言ってくださって、以前他の人にも同じことを言われたなあって思って、もし本当に私がキラキラしていたのだとしたら、絶対に原因はTAOっていうか、純さんだなーって思いました。2016年の後半の出来事と言ったら、たくさんTAOを見たこと以外にないし、キラキラした純さんを見つめていたから、きっと目からキラキラをもらっていたのだろうなあってそれだけは間違いないなって思ったのでした。キラキラした純さんを見つめていたおかげで私もキラキラして見えたことがとても嬉しかったです。今年もキラキラできるかな。できますように。

天井知らずIII

TAOブログを開いた途端に目に飛び込んできたあたたかくて柔らかそうな光の中の美しい横顔に一瞬時が止まってしまいました。なんてなんて綺麗なんでしょう!和太鼓の神様が純さんを祝福しているみたい。1月にTAOとさよならしようと思い詰めるくらい落ち込んでいたことをすっかり忘れてしまえているわけではないけれど、こんな風に一点の曇りもなく大好きだった頃のテンションに戻れる瞬間があって、何だったら前よりずっとずっと純さんのファンであることが嬉しくもあり誇らしくも思える今があって本当に良かった。夏フェスで雨に降られながら、横顔に見惚れていたことを懐かしく思い出しました。向かっている机にバチが置いてあることに後から気がついたんですが、ずっとずっと太鼓と一緒に生きてこられたんだなってどうしてだかわからないけど泣きたくなった。荻野さんが一足早く里に帰ってきてくださったおかげでまた宝物が増えました。見ているだけで何でもできそうな気がします!

2020年

久しぶりにファスティングをしようと決意したので、先週先生にお会いしてきました。今日から2週間指定された食材だけで過ごします。去年の夏はメンタルがぐらぐらしていて失敗してしまったから今回は絶対完璧にこなしてみせます。3回目だからやり方とかはもうわかっているので、どうしてファスティングをしたいかっていう話を深く掘り下げることになり、「去年の夏に和太鼓のグループにはまって~」という話をしたら、すぐ「TAO?」って聞かれて、「何でTAO知ってるんですか?」ってびっくりして訊いたら「有名じゃん!」とのことでした。和太鼓の音は体にすごく良いって言われているのよということと、あなたの大好きなTAOの人達は舞台で素晴らしいパフォーマンスを披露するために、毎日毎日ストイックに血のにじむような練習に励んでいるのよそれを考えたら2週間のファスティングなんて何てことないって思えるでしょう?って熱弁を振るわれて、ファンでも何でもない人からそういう話をされると改めてTAOって確かにすごいよねえ私もがんばろう!って思えました(単純)。辛くなったらDVDを見なさいCDを聴きなさい!ど真ん中の席でTAOを見られるようにがんばろうね!って励まされて(私がファスティングしたい理由は通路側ばかり選ぶんじゃなくて、どんな席でも周りに遠慮せずに観られるようになりたいからなので)、カウンセリングが終わりました。先生は東方神起がお好きでライブにもよく行くらしく、私にとってライブに行くことがどれだけ楽しくて大切な時間なのかをわかってくださってとても嬉しかったです。

 

スーパーニュースは見られるか心配していたけど、ちゃんと私の住む地域でも放送されていて録画できていました。麓くんが立方体オブジェをまわしているシーンの太鼓の音が聴こえた瞬間、舞響の記憶がバーッと蘇ってきてドキドキしてしまう。いろんな時期の映像がごちゃ混ぜで面白かったです。1995年の舞台と2016年の舞台が全然違うー!2020年ってあとたったの3年後なのに、そのころにはTAOの環境は随分変わっている予定のよう。新しい施設の建設地からの景色が絶景だったー。2020年のオリンピックの時期はあえて日本を出てハワイに遊びに行こうってお友達と約束しているんだけど、ブロードウェイでTAOを観られるかもしれないと思うとそちらも魅力的!私はとにかく飽きっぽいから3年後までTAOが好きかどうかは正直わからないけど、夢中になれるものが傍にあるといいなあって思っています。

 

Ticket to the paradise

ライブに行くことは高校生の頃から変わらない生き甲斐のようなものです。それぞれの時代に好きだったアーティストの地元でのライブが決まった時やチケットを手にした時の喜びってライブ当日のこと以上にずっと覚えていたりします。チケットはほとんどFCで取っていたし、最近好きなアーティストだとぴあの先行抽選予約(抽選だけど外れたことない)やそれこそ一般発売後でも簡単に取れてしまえていたので、今までロッピーでチケットを取ったことがありませんでした。母が熊本公演に行きたいと言い出したので、ロッピーで取るのがよかろうということになったんですが、私はドンくさいし、いきなり本番だと操作を間違える可能性もあるし怖いなあ練習したいなぁと思っていたところ、プレビュー公演のチケットを取りたいけどどうしてもロッピーの前に行けないという知人がいたので代わりに今日初めてロッピーに並びに行きました。店員さんに並んでもよいか確認したところ、まだ10時まで時間あるし、誰も並ばないと思うから、本でも読んで待ってたらどうですか~と言われて、立ち読みすすめるの!?って思わず笑ってしまいました。誰も並ばない保証なんてないので、とりあえずロッピーの前を陣取りおそるおそる触っていたら、さっきの店員さんが何のチケットなんすか?って聞くので、それはスルーしてみたり(笑)。Lコードわかりますか?とか全国一斉発売だから取れないかもしれませんよ、この間B’zのチケットのために2時間前にきてた人結局取れてなかったですよ~とか話しかけてくださっていい店員さんだなあと思いながら、10時になるのをドキドキそわそわしながら待っていました。10時ちょうどにネットで仕入れたこつとか知人のレクチャーどおりに操作したら、何とか1回で取れたんですが問題は座席だよ・・と思いながらレジで発券してもらったところなんと最前列でした。店員さんもすごいですね!って褒めてくれて(笑)、知人も喜んでくれました。いつもお世話になっているので少しでも役に立てて嬉しかった。今回はプレビュー公演だけだったし、たまたま良い席が取れただけだと思うので、熊本公演の一般発売はとりあえずチケットが取れるのを目標にがんばりたいと思います。2月はTAOファンにとってそわそわ落ち着かない月なんですね。母は6月に宮崎と鹿児島にも行くのに、その上熊本公演も行きたいなんて思えるくらいTAOを見るのをとても楽しみにしているけれど、私はそんなに先のことまで考えられなくてぼんやりしているので、ちょっとうらやましい。明日の竹田はTAOが好きかどうか確かめに行きたいなと思っていたけれど、気持ちも落ち着いてきたので、行かずに大人しく仕事をします。うん、これでよかったのだー。TAOのことばかり考えているわけにはいかないのだ。