今は伝わらなくても 真実には変わりないさ

昨夜はキャナル公演の思い出をまとめようと思って残業もせず定時に帰っていたのに、突然の退団発表に愕然としてしまってそれどころではなくなってしまいました・・・。お2人ともお姿拝見したばかりだったし、特に椿くんは師匠のお気に入りの子だったから夏フェスの時目にすることが多くて、若手のメンバーさんの中で一番最初にお顔と名前が一致した子で。私の中で色が白くてなんだかかわいらしいイメージだったんですが、キャナルで久しぶりに見たら、男らしいというかたくましく凛々しくなっていて、若い子はどんどん変化していくんだなぁ若いって素晴らしいなーとにこにこしながら眺めていたものだから、こんな風に突然いなくなってしまうことが信じられないし、いやいやいやいやちょっと待って!?って言いたい。昨日まで出演していたのに、次の日は突然姿がなくて、その日の夜に(本当に本人が書いたのか、本心なのか、まるでわからない棒読み加減も甚だしい)退団の挨拶文がペラッとHPに載って、ブログも消されて、最初からいないみたいな扱い方なのが本当に意味がわかりません。お2人とも新参者の私が名前と顔が一致するくらい活躍されていて、TAOを盛り上げてきた大切な大切なメンバーさんだったと思うのに、なんでこんな後味の悪い最後なの?退団されること自体はご本人の人生だから自由だと思うけど、こんなさよならじゃファンはずっと引きずってしまうし、前を向けないよ・・・。もし、自分の大好きなメンバーさん(純さんのことですけど)が同じ状況になったらと想像するだけで胸がつぶれてしまいそうです。私はTAOを見るようになってまだ四ヶ月足らずですが、既に運営のやることなすこと、何で?どうして?意味がわからない!って思うことが多くて、そのたびに師匠に訴えるんだけど(師匠に私はTAOじゃないから知らないよ!って言われます。そりゃそうなんだけどさ・・ぶつぶつ)、師匠は慣れているからか私の言ってることが理解できないみたいで、もやもやします(笑)例えば、誰がどの公演に出るのかわからないこととか。その方がTAO側にとって楽なのは充分理解できます。メンバーさん達にとっても緊張感があってモチベーションを保つためにも良いのかもしれない。でも、その割にメンバーさんの名前入りの提灯売ったりとか、メンバーさんデザインの手ぬぐい売ったりとか、明らかに個人売りをすることがありますよね。特定のメンバーさんのファンをしているファンの購買意欲を煽るようなことをしているのに、肝心の出演者は教えないだなんて、誰が出てもTAOなんで~文句言うやつは見なくていいです~みたいな、突き放し方!やってることに一貫性がないんですよね、だから全っ然納得いってません!!!・・・ふー・・・ヒートアップしてしまった。私がTAOの全員が好きというよりも、特定のメンバーさんのファンだからこんな風に憤りを感じてしまうんだろうなー。きっとTAOというグループ自体が好きなファンだったら、メンバーが去ってしまうことも仕方ないよね・・って割り切れるんじゃないかなあ。TAO自体が消えてなくなるわけではないから、ダメージは少ないんじゃないかな。いや、そんなことないよね。TAOというグループ自体が好きなファンだったらなおのこと辛いのかしら・・・。もうどうしてこんな思いをしなくてはならないんだろう。例えば宝塚のようにやり方次第でいくらでも前向きで綺麗なお別れはできると思うのに!椿くんや朋美ちゃんのファンの皆さんの心中を思うととても悲しくなります。ファンの皆さんの辛い気持ちがいつか癒され浄化し、ファンでいた日々がキラキラした素敵な思い出となっていつまでも優しく心に残りますように。