2017.1.21 DRUM TAO LIVE 2017 日南市南郷ハートフルセンター

とうとうこの日が来てしまったという感じ。この日を楽しみに生きてきました。待ち遠しいけれど、終わってしまったらどうなってしまうのかってちょっと怖かったりもして。でも、年末のブログで純さんが国内組ってわかった時は信じられないくらい嬉しかった!純さんがいない公演も見てみたいなんて言っていたけれど、その気持ちは嘘じゃないけど、でも地元に来てくださったらなあって思っていたので。私が慣れ親しんだ街並みが純さんの目にも映っているんだろうなーと思うと嬉しくなりました。ようこそ日南へー!

 

・前日からTAOが日南にいるんだーって思うとそわそわして、仕事が手につきません~って言いながら仕事してました。

・今回は初TAOの2人(幼馴染とお友達)と母と4人で。特にお友達は私が普段コンサートによくいくお友達なので、ぜひ一度TAOを見てほしかったから一緒に行けたことが嬉しかったです。

・地元兼職場の近くということもあって、職場関係の人もちらほら見かけました。

・会場は800人キャパなんだけど、座席が広く取ってあるせいかとても大きく感じます。駐車場もたくさんあるし、綺麗な会場です。ただ、冷え冷えしてて演奏中に寒い!って思ったの初めて。

・普通に舞響をやってらした。

・席は5列目のセンターブロック(っていうのかな)でした。

・6列目まではフラットなので、前列の人達の頭で見えたり見えなかったり・・・。

・でも、こうして純さんが日南に来てくださっているだけで、太鼓の音が聴けるだけで充分だな~ってふわふわしていました。正直全然集中してなかったなあ。黒いバチで叩く太鼓のキーンと張りつめた清潔な音が大好きなので、この場所でこれが聴けるなんて!と感無量でした。

・というか、今日は姿が見られない場面があっても、明日の人吉では全部見られるはずだし!と余裕のわたくし。

・総出演と比べて人数が少ないせい?それとも会場のせい?明らかに音の重みや迫力がなくて、仕方がないことだけれどちょっと残念に思いました。友達にも私がキャナルで感じた体にびりびりと伝わるあの太鼓の迫力を味わってほしかったなあ。

・でも幼馴染は太鼓の音が胸にどんどん響いてちょっときつかったって言ってたので、みんながみんな太鼓の音を心地よいと思うわけではないのね。

・っていうか母も去年は↑同じこと言っていたのに、めっちゃ楽しんでいたみたいでよかった。

・幼馴染は山本くん、田邊くん、ごっしー、お友達はごっしーが気になったそうです。ごっしー大人気。

・黒竜はぐっさんだよと聞いていたので楽しみにしていました。髪の毛おろしてて、手足が長くてものすごーく素敵でした!純さんのソロが見えなくてショックだったけど、おかげでいつもは見ていない下手側が見られてよかったです。黒竜側の皆さんも素敵。

・2017年の純さんもキラキラキラキラしていました!この日は本当にキラキラしてました。

・純さんが来てくださるだけでも嬉しいのに、おまけに出番まで多くて神懸かっていて幸せすぎて怖い!

・え、これも出るの?え、これも?あら、パートが違うの?え、これもやるの?働きすぎじゃないの!?ってだんだん笑えてくるくらい出番多かったです・・・。

・海武士はブログで予告があったとおり、大太鼓の上に乗っていらっしゃいました。なんか安定してなくって、ハラハラしました。夏フェスで太鼓が落ちてきた場面を見ているので。

・あの大太鼓の上に乗って叩くパフォーマンスって一体誰が考えたんだろう・・・太鼓に乗ってしまう行為ってありなの?と私は思うのだけれど。

・だれることなくあのものすごく負担のかかってそうな体勢でばちんばちん叩いていて格好良かったなあ。

・うす暗い照明の下で怖い顔してる純さんがとても綺麗でした。

・でもあの衣装が好きじゃないから早く脱いでって思ってた。一応ゴム素材なのかな?叩きづらそう。

・煌の森で勝平くんパートをされていて、わーお!と思いながらも、私がいつも見つめていた座って叩いている背中やバチを握る手やふわっと叩く左手を見ることはないんだなーって思ったら泣きたくなりました。大分でもっとしっかり見ておけばよかったな。いつでも同じ姿を見られるとは限らないのね・・。公演を見るたびにいろんな経験をしています。

・でも、勝平くんパートをがっしがっし叩く姿も格好良かった。勝平くんのパートってめっちゃ忙しそうというか体力要りそう。

・GAIA?の純さんと水藤さんと江良様の息がぴったりで入り方がとてもスムーズだったので気持ちよかったです。

・席がほぼセンターだったので、Beat Beatの最後の険しい顔からのにっこりというかふんわり笑顔の目線が同じくらいで私に笑ってるわけではないのに、目がつぶれそうになって、思わず両手で顔を覆ってしまいました。もう無理、見てられなかったー!目に焼き付いて離れません…思い出すと涙が出そうになります。ずるい。ふーっと息を吐いて心を落ち着かせました。

・終了後、ロビーで職場の人に声かけられて一気に現実に戻ってしまいました。後から言われたけど、すっごく幸せそうな顔をして歩いていたらしいです・・ふっ。

・グッズ売り場でポーチを買おうと思っていたのになくなっててショックでした。キャナルで買っておけばよかったー。見つけた時に買っておかないとダメだな。また一つ学びました。グッズはあんまり好みのデザインじゃないから、卓上カレンダーとドラム絵巻のCDを買いました。販売スタッフさんが顔見知りの方だったのでお久しぶりです~とご挨拶。CDとっくに持ってるかと思った!と笑われる。CDはいつでも買えるし、普段は他の音楽を聴きたいから聞くこともないだろうなと思って買ってなかったんです。でも実際に聴いてみたら、すごくテンションがあがった!車の中でずーっと聴いています。どうしてもっと早く買っておかなかったんだろうと思いました。

・会場を出た後は、久しぶりに会ったお友達と地元の大好きな居酒屋さんでのんびりごはんを食べながらいろんな話をしました。何でハツミちゃんがTAOにはまったかわかったよーって言ってらっしゃいました。あと、東京タラレバ娘というドラマの原作の漫画の話になって、その中の、一生ステージに向かって一方通行のハートを飛ばして生きて行くのかみたいなことが書いてあるページを見せられて、二人でひいいいいい身につまされるううううって頭抱えてました(笑)

・大好きな人達と地元でTAOを見られて、美味しいごはんを食べておしゃべりをして、とても楽しい一日でした。きっと会場の前を通るたびに思い出すんだろうな、すごく幸せなことだな。今回は実行委員会さん主催の公演ということで、実行委員さん達がいらっしゃらなければ地元でTAOを見ることはなかったし、街中のいたるところでポスターを見かけてその度に嬉しい気持ちになれたのは実行委員さん達がポスターを貼らせてくださいってお願いしてまわっていらっしゃるからだし、そんな風にTAOを応援したいという強い気持ちに感動するし、そこまで人の気持ちを動かせるTAOってすごい人達なんだなあって改めて思ったのでした。