さようなら はじめまして

昨日、長い間お借りしていたDVDを師匠に全部お返しして、職場の机のマットに挟んでいたTAOのいろいろを取り出して、壁紙も夏フェスの時に撮った里の景色から普通の青色に変えて、早退して病院へ行って薬もらって今日まで寝込んでいました。いくらでも眠れたー。

師匠にはTAOを箱の中に仕舞ったことを言っていません。元々肝付が終わったら仕事に集中しますって宣言していたし、お忙しい方なので私からフロアに会いに行かなければお話しすることもないので、徐々にフェードアウトしたことにしようと思っています。私が肝付の帰りに、「純さんが金髪じゃなくなったらファンを止めてしまうかもしれないですけどいいですか」と言った時に(いいですかも何もないんだけどうっとおしいなあ)、ファンが一人減ったくらいどうってことないって言っていたので(そういうと思った)、どうでもいいんだろうけど、理由を聞かれてしまったらうまくごまかせそうにないので。

でも、今日おふとんの中でここを最初から読んでいたら、やっぱりファンやめたくないなあって思うようになっています。こんなに好きになれるものもう二度と出会えないかもしれない・・。でももう好きじゃないから仕方ない。本当に好きじゃないのかな。わかんない。でも、ファンを続けるとして、私が今抱えている問題というか悲しみをどう消化していったらいいのかは全然わからない。上手く立ち回ったり、聴こえないふりしたりできるかわからない。また嫌な思いをするかもしれない。というか、絶対にする。これから6月まで公演を見る予定もないし、夏が来るまではそっと離れておくくらいの、それくらいのスタンスでいたらいいのかな、6月に見に行く公演で新しく出会うつもりで。それから決めればいいのかな。私の人生だから私の好きにすればいいのはわかっているんだけど。