読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Ticket to the paradise

日々のTAO ひとりごと

ライブに行くことは高校生の頃から変わらない生き甲斐のようなものです。それぞれの時代に好きだったアーティストの地元でのライブが決まった時やチケットを手にした時の喜びってライブ当日のこと以上にずっと覚えていたりします。チケットはほとんどFCで取っていたし、最近好きなアーティストだとぴあの先行抽選予約(抽選だけど外れたことない)やそれこそ一般発売後でも簡単に取れてしまえていたので、今までロッピーでチケットを取ったことがありませんでした。母が熊本公演に行きたいと言い出したので、ロッピーで取るのがよかろうということになったんですが、私はドンくさいし、いきなり本番だと操作を間違える可能性もあるし怖いなあ練習したいなぁと思っていたところ、プレビュー公演のチケットを取りたいけどどうしてもロッピーの前に行けないという知人がいたので代わりに今日初めてロッピーに並びに行きました。店員さんに並んでもよいか確認したところ、まだ10時まで時間あるし、誰も並ばないと思うから、本でも読んで待ってたらどうですか~と言われて、立ち読みすすめるの!?って思わず笑ってしまいました。誰も並ばない保証なんてないので、とりあえずロッピーの前を陣取りおそるおそる触っていたら、さっきの店員さんが何のチケットなんすか?って聞くので、それはスルーしてみたり(笑)。Lコードわかりますか?とか全国一斉発売だから取れないかもしれませんよ、この間B’zのチケットのために2時間前にきてた人結局取れてなかったですよ~とか話しかけてくださっていい店員さんだなあと思いながら、10時になるのをドキドキそわそわしながら待っていました。10時ちょうどにネットで仕入れたこつとか知人のレクチャーどおりに操作したら、何とか1回で取れたんですが問題は座席だよ・・と思いながらレジで発券してもらったところなんと最前列でした。店員さんもすごいですね!って褒めてくれて(笑)、知人も喜んでくれました。いつもお世話になっているので少しでも役に立てて嬉しかった。今回はプレビュー公演だけだったし、たまたま良い席が取れただけだと思うので、熊本公演の一般発売はとりあえずチケットが取れるのを目標にがんばりたいと思います。2月はTAOファンにとってそわそわ落ち着かない月なんですね。母は6月に宮崎と鹿児島にも行くのに、その上熊本公演も行きたいなんて思えるくらいTAOを見るのをとても楽しみにしているけれど、私はそんなに先のことまで考えられなくてぼんやりしているので、ちょっとうらやましい。明日の竹田はTAOが好きかどうか確かめに行きたいなと思っていたけれど、気持ちも落ち着いてきたので、行かずに大人しく仕事をします。うん、これでよかったのだー。TAOのことばかり考えているわけにはいかないのだ。