読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天井知らずIII

TAOブログを開いた途端に目に飛び込んできたあたたかくて柔らかそうな光の中の美しい横顔に一瞬時が止まってしまいました。なんてなんて綺麗なんでしょう!和太鼓の神様が純さんを祝福しているみたい。1月にTAOとさよならしようと思い詰めるくらい落ち込んでいたことをすっかり忘れてしまえているわけではないけれど、こんな風に一点の曇りもなく大好きだった頃のテンションに戻れる瞬間があって、何だったら前よりずっとずっと純さんのファンであることが嬉しくもあり誇らしくも思える今があって本当に良かった。夏フェスで雨に降られながら、横顔に見惚れていたことを懐かしく思い出しました。向かっている机にバチが置いてあることに後から気がついたんですが、ずっとずっと太鼓と一緒に生きてこられたんだなってどうしてだかわからないけど泣きたくなった。荻野さんが一足早く里に帰ってきてくださったおかげでまた宝物が増えました。見ているだけで何でもできそうな気がします!