読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君がいる 素晴らしすぎる

13日の疾風公演昼夜公演を観に熊本へ行ってきました。黒髪という事前情報に動揺し、FBで確認して再び恋に落ち、心の底から楽しみ!早く純さんが太鼓を叩く姿を観たい!と少々気負い気味で会場へ向かったのですが、舞台の上には髪型は違うけど表情とかしぐさとか声とかは変わらないまま(当たり前といえば当たり前)キラキラとそこにいらっしゃって、私の大好きな純さんじゃん!ってなんだかとても安心しました。バタバタと旅支度をして、夢のような時間を過ごした後は美味しいものを食べたり、ホテルでのんびりと過ごしたり、しばしの現実逃避でした。同行した母もとても楽しそうだったので私も嬉しかったです。新しい作品としての疾風については少しずつ書いていきたいんですが、夜の公演が終わる頃には純さん以外の全てのことがどうでもよくなっていて、あぁ脳内がお花畑ってこういう状態を言うのかなって感じでした。ファンの人の数だけ応援の仕方というか楽しみ方があると思うんだけど、今のこの状態が私にとってベストなのではないかと思っています。とりあえず情緒不安定にならなくてよかった!